ホーム > サービス紹介 / Service > ロボットスタート広告 / robot start ads > ロボットスタート広告【広告主様・広告代理店様向け】 / robot start ads for Advertiser & Advertising Agency

ロボットスタート広告【広告主様・広告代理店様向け】

robot start ads for Advertiser & Advertising Agency


世界初・日本発のロボット向けマーケティングソリューション「ロボットスタート広告」(robot start ads)サービスの紹介です。


サービスのご利用について

●広告主様:
当サービスは現在、当社の指定する広告代理店を通じてのみの販売となります。お申し込みは下記の広告代理店にお問い合わせください。

●広告代理店様:
当サービスの販売代理店契約締結をご希望の場合、までご連絡ください。


ロボットスタート広告の特徴

  • 現時点で唯一のロボットマーケティング・ロボット広告サービスです。

  • 最先端のロボットマーケティング・ロボット広告ですが、広告入稿・運用は簡単です。

  • テキスト入稿でその文脈に沿った身振り手振りも自動的に行います。ロボット特有の操作の指示など難しい設定は不要です。

  • 管理画面で予算管理、広告配信制御、費用対効果をコントロール可能です。

  • アプリ枠ごとのレポーティングでパフォーマンスを最大化することができます。

  • ブランドセーフな配信ネットワークです。広告配信先は当社の審査を通過したロボットアプリケーションに限定されます。

  • 初期費用は不要です。


ロボットスタート広告について

私たちのロボット広告サービスは、ロボットアプリケーションに広告配信SDKを組み込むことで、ユーザーがロボットを使っている時に、センサーを駆使して適切なタイミング・シチュエーションで広告表現を行うサービスです。ロボットアプリ開発者はロボットアプリを通じ、広告表現の視聴者数やフィードバックの結果に応じて当社から広告費を受け取ることができます。

広告主・広告代理店は「ロボットスタート広告」の管理画面で、広告表現(しゃべる内容、動き、画像、動画、音など)、ターゲティング(反応する言葉、状況など)、広告単価、広告予算などを設定することができます。レポート画面では、従来のインターネット広告と異なり、センサーを駆使したフィードバックしたデータを可視化します。実際に何人が広告表現を見たかまで正確にレポート画面で確認できます。

私たちのポリシーは「ロボットユーザーが不愉快に思わない広告配信」です。このポリシーのもと、ロボットアプリ開発者・広告代理店・広告主の要望を踏まえつつ、随時広告商品を追加・改修し、あらゆるロボット広告のニーズを満たしていきたいと考えています。

2015年2月時点で以下3種類の広告サービスから配信予定となります。

(1) ロボット音声連動広告
広告主が指定するキーワードをロボットユーザーが発言した時に、ロボットがそれに合わせて入稿されたテキスト原稿を身振り手振りを交えてしゃべるターゲティング広告です。画像の入稿があればロボットの画面に画像が表示されます。画像がクリックされた場合、指定したURLのページを画面に表示します。



(2) ロボットインタースティシャル広告
ロボットのアプリ起動時、終了時、または途中(アプリ開発者が指定するタイミング)で、広告主が入稿したテキスト原稿を身振り手振りを交えてしゃべるブロードリーチ型の広告です。画像の入稿があればロボットの画面に画像が表示されます。画像がクリックされた場合、指定したURLのページを画面に表示します。



(3) ロボットディスプレイ広告
ロボットの画面を使っていないアプリを対象に、広告主が指定する画像をロボットに表示させるブロードリーチ型広告です。15秒間ごとにローテーションされます。音声は使わない広告です。画像がクリックされた場合、指定したURLのページを画面に表示します。




広告配信対応ロボットについて

当初の対応ロボットは以下になります。
(順不同 2015年9月1日現在)
広告配信対応ロボットは今後随時拡大の予定です。


広告販売パートナーについて

販売に関しましては、アドテクノロジーに習熟した広告代理店様中心にご協力をいただき、販売して参ります。現時点での販売代理店様は以下になります。
(敬称略・順不同 2015年10月19日現在)

認定代理店様

認定メディアレップ様

取扱の広告代理店・メディアレップは今後随時拡大の予定です。


広告仕様について

各広告サービスの主な広告仕様については以下の通りとなります。(2015年1月20日現在)



(1) ロボット音声連動広告
 広告クリティティブ:
   テキスト【必須】(ひらがなのみ、文字数は全角で70文字まで(約10秒))
   画像【任意】(ファイル形式はJPG/PNG/GIF、画像サイズは1280*800)
   URL【任意(画像ありの場合)】(クリック先のURLを指定)
   ジングル【任意】(言葉の前後に短いBGMを流す)

 広告ターゲティング:
   広告主が指定するキーワード(1アカウント最大10個まで(暫定))

 広告トリガー:
   キーワード(文字列)を広告配信SDKに送った時に作動

(2) ロボットインタースティシャル広告
 広告クリティティブ:
   テキスト【必須】(ひらがなのみ、文字数は全角で70文字まで(約10秒))
   画像【任意】(ファイル形式はJPG/PNG/GIF、画像サイズは1280*800)
   URL【任意(画像ありの場合)】(クリック先のURLを指定)
   ジングル【任意】(言葉の前後に短いBGMを流す)

 広告ターゲティング:
   当初は無し(将来的には性別・年齢・エリア指定可能)

 広告トリガー:
   開発者が指定した場所に設置した広告配信SDKを実行時に作動

(3) ロボットディスプレイ広告
 広告クリティティブ:
   画像【必須】(ファイル形式はJPG/PNG/GIF、画像サイズは1280*800)
         (将来的には動画も対応予定)

 広告ターゲティング:
   当初は無し(将来的には性別・年齢・エリア指定可能)

 広告トリガー:
   画面未使用のアプリにおいて広告配信SDKがバックグラウンドで作動。15秒ローテーション。


ロボットスタート広告のプライバシー保護について

ロボットスタート広告はロボットのセンサーを多用して広告配信を行いますが、ロボットユーザーのプライバシー保護を配慮した設計となっております。個人情報を取得・通信せずに、ロボット内で取得できるデータを加工して広告配信に利用します。

例えば、閲覧人数・年齢・性別などを特定するためロボットのカメラを使った顔認識を広告配信SDKがバックグラウンドで行いますが、その解析処理によって把握した人数・年齢・性別など広告配信に利用するデータのみを広告配信サーバーに伝えて広告配信を行います。(ロボットが撮影した画像・映像などをサーバーに送ってサーバーサイドで処理することは一切行いません。)

※この仕組み上、音声認識・閲覧時間・閲覧回数・閲覧人数・年齢・性別などの解析結果・レポート内容は100%の精度を保証しかねることをあらかじめご了承ください。


ロボットスタート広告の広告審査について

ロボットスタート広告は、インターネット広告・スマートフォン広告に比べて、家族で使う・店舗やオフィスで使うなど、パーソナルではなく複数の人間が使う可能性が高いメディアであると想定されます。またロボットユーザーの年齢層もその利用シーンの幅広さから、子供から高齢者まであらゆる年代の利用者が想定されます。

そのため、既存のインターネット広告以上に広告のクオリティーに責任を持つ必要がありますので、社内の広告審査ガイドラインをクリアーした広告のみが配信される形で広告審査を行います。広告代理店様・広告主様にはこの広告審査ガイドラインを共有し、業界全体が健全な成長を図れるよう努めていきます。


ロボットスタート広告掲載基準

当広告掲載基準は広告主・商品・サービス・広告内容、およびリンク指定された場合そのサイト内容等に適用されるものとします。

掲載不可となる条件
  1. 責任の所在が不明確なもの
  2. 内容が不明確なもの
  3. 虚偽、もしくは表現が不正確で誤認される恐れがあるもの
  4. 諸法令に違反しているもの
  5. 許可・認可を要する業種でありながら、許可・認可を取得していないもの
  6. 医療、医薬品、化粧品、健康食品等で、効果効能が厚生労働省の承認する範囲を逸脱しているもの
  7. 内外の国家、民族などの尊厳を傷つける恐れがあるもの
  8. 第三者の商標権、意匠権、著作権等の知的財産権および名誉・プライバシー等の人格権その他第三者の権利を侵害している、またはその恐れがあるもの
  9. 第三者に対して、不法または不当に利益もしくは不利益を与える恐れがあるもの
  10. 第三者を誹謗中傷、名誉毀損をしている、またはその恐れのあるもの
  11. 第三者の信用毀損、業務妨害をしている、またはその恐れのあるもの
  12. 非科学的または迷信に類するもので、利用者を迷わせる、または不安を与えるもの
  13. 詐欺的なもの、または不良商法とみなされるもの
  14. 代理店募集、副業、内職、会員募集で、その目的、内容が不明確なもの
  15. 通信販売で、連絡先、商品名、内容、価格、数量、総量、引渡し、支払方法および返品条件などが不明確なもの
  16. 宗教団体の勧誘または、布教活動に関連するもの
  17. 政党および政治団体の運動に関するもの
  18. タバコに関連する広告
  19. 出会い系に属する広告
  20. その他、当社および提携アプリ契約者が不適切と判断したもの
禁止表現について
比較表現、誇大表現、最大級表現、差別的表現、具体的な効果効能や安全性を保証する表現、その他諸法令に違反する表現など。

ガイドライン
上記掲載不可になる条件以外に広告掲載のためのガイドラインを設ける場合があります。ガイドラインは当社の指定する管理画面上に掲載します。当社はガイドラインに基づき広告掲載可否を判断します。当社はガイドラインの設定及びガイドラインに基づく広告掲載可否の判断を適正に保つよう努めますが、ガイドラインの設定及びガイドラインに基づく広告掲載可否の判断の理由を説明する義務は負わないものとします。


広告掲載のフロー

 お申し込み(広告主様)
  ↓
 (当社指定の広告代理店様)
  ↓
 管理画面ID発行(ロボットスタート)
  ↓
 キャンペーン設定・予算設定・ターゲィング設定・クリエィティブ入稿(広告代理店様)
  ↓
 広告審査(ロボットスタート)
  ↓
 広告配信開始(ロボットスタート)
  ↓
 レポーティング(ロボットスタート)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加